星に願いをかけるお寺 開運 厄除け

高野山真言宗 但馬妙見 日光院

霊験あらたかな妙見大菩薩の一大霊場 但馬七福弁才天 招福弁天 山名宗全祈願所「杉と星のお寺」

どんど

 

どんど(石原)

どんど(椿色)



「どんど」って?

 日本の各地に伝わる小正月の行事に「どんど」」と呼ばれる火祭りがあります。
地方によって呼び名も「とんど」「どんど」「左義長」などさまざまですが、いずれも
門松やしめ縄などの正月飾りを燃やして神を送り、一年の無病息災を祈る行事
であることが多いようです。

どんどの火で焼いたお餅を食べると一年間病気をしないとか、どんどで焼けた竹の
枝を持って帰ると一年間災いを防ぐことができる、などの言い伝えがある様です。

時代は21世紀になりましたが、地域の文化を伝え、人と人の関係をはぐくむ
このような伝統行事は、いつまでも残したいものです。
 


【左義長とは】(広辞苑より)

 小正月の火祭りの行事。宮中では正月の十五日および十八日に吉書(きっしょ)を焼く儀式。
 清涼殿の東庭で、青竹を束ねて立て、毬打(ぎっちょう)三個を結び、これに扇子・短冊・吉書
などを添え、謡いはやしつつ焼いた。                                 
                              
 民間では正月十四日または十五日(九州では六~七日)長い竹数本を円錐状などに組み立て 
正月の門松・七五三飾り(しめかざり)・書き初めなどを持ち寄って焼く。その火で焼いた餅を食
えば、年中の病を除くと言う。